« 〈主体性〉 | トップページ | 〈順はこれ菩提〉 »

2008年3月12日 (水)

〈どっつかえたところに身命をなげうつ〉







「どっつかえたところに身命をなげうつ」

岸沢惟安『正法眼蔵全講』「第1巻 弁道話」

それだから一人一人がみな眼蔵になって,眼蔵の参究をしなされ。研究はいかぬ,それは学問だ。眼蔵は学問ではない。参究して,実実に実行する。そのときに,どこがどっつかえるか。そのどっつかえたところに身命をなげうつのだ。おもてむきのわかった,わかったで済んでしまえば,眼蔵はほろびる。自分がわからなくなって,はじめて眼蔵に首を突っこみはじめたのだ。わかるうちは道中だ。わからなくなるのが,眼蔵のわかりはじめだ。耳で聞いた拝借物はやくにたたない。





| |

« 〈主体性〉 | トップページ | 〈順はこれ菩提〉 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。