« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月23日 (水)

“本当の自己”という行為者を立てる必要はない。

マーク・エプスタイン 著,井上 ウィマラ訳『ブッダのサイコセラピー―心理療法と“空”の出会い』(153〜154頁)より。

 純粋な注意は,「観察するもの」と「観察されるもの」という概念が働かなくなる無選択の自覚という状態で頂点に達して,最終的に自意識を取り除いて自発性を生み出します。

 この自発性は,心理学的な関心から東洋の修行法を観察してきた人たちの心を長年惹きつけてきました。ところが,西洋の心理学者たちは,この自発性を本当の自己の概念と混同してしまいました。仏教的視点からすれば,自発性のように純正な行為は,純粋な注意という明晰な知覚から生まれ出るものです。そこでは,それを為す“本当の自己”という行為者を立てる必要はありません。「中核となる事象そのものから自分の反応を分離せよ」という単純すぎて見過ごしてしまいそうな指令の中に,純粋な注意が変容をもたらすか否かの鍵があります。

| | | コメント (0)

2009年9月19日 (土)

降参。

人生は私に課題をみせる。

| | | コメント (0)

2009年9月17日 (木)

坐禅って。

「開放のプロセス=そもそも開いている自己を今・ここに具現していくプロセス」が坐禅なんだよね。

| | | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »