« 2015年1月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月19日 (日)

仏法的コトバとしての正法眼蔵〜内山興正『正法眼蔵 行仏威儀を味わう』より。

内山興正『正法眼蔵 行仏威儀を味わう』柏樹社(1989年)より。

(28-29頁)

しかしここで道元禅師が行仏威儀といわれているのは、どこまでも仏法の話なのだ。その点、正法眼蔵の一顆明珠、古鏡、山水経の各巻にしても、何も珠の話ではない。ふるいかがみの話でも、観光の山水の話でもない。どこまでも仏法の珠、古鏡、山水の話だ。そしたら当然、ここでも「行」も仏法、「仏」も仏法、「威」も仏法、「儀」も仏法、みんな仏語として教えられているのでなければならない。

大体コトバが人間同志通じ合うのは人間同志の約束事だからだ。約束事である限り、本当は生命の真実でも仏法でもある筈はない。ところが道元禅師はその「他とのカネアイの相対的コトバ」を「絶対」として使われる。約束事のコトバを使いながらそれを絶対的意味として読みかえられる。要するに世間的なコトバをもって一々仏法の深い意味を教えられる。そして、ちょうど世間の親たちがわが子に「これはワンワン」「これはニャンニャン」「あれはキシャポッポ」と一々コトバを教えるように、道元禅師はわれわれ仏法的赤ちゃんのために、いま世間的なコトバを取り上げながら、一々その仏法的意味をかんで含めるように説かれる。それが正法眼蔵の話だ。だから本来、口ではいえない筈の仏法なのに、正法眼蔵のような大部の本が書かれなければならなかったのである。つまり世間的な約束事のコトバをいろいろ取り上げながら、いずれもそれらが他とのカネアイでない絶対的意味をもっていることを何度も何度も繰り返すことによって、仏法的眼としての見方をわれわれにしみ通らせていく。−−−−そういうおつもりで道元禅師は正法眼蔵を書かれたのだ。それだからわれわれは仏法的赤ちゃんとして、まず世間ずれした固定概念を手放し、マッサラな素直な気持ちで正法眼蔵をよみ、仏法的コトバになじんでいかなければならない。

| | | コメント (0)

2015年4月11日 (土)

「そういうところには初めて宗教の話がある」〜内山興正『天地いっぱいの人生』より。

内山興正『天地いっぱいの人生』春秋社(1983年)より。

(120-122頁)

例えば「諸行は無常だ、だからなにかに執着すれば苦しみがある。そういう執着を捨てれば苦しみは解脱する」などと『阿含経』の言葉を口語訳したようなお説教をするのは結構であり、真理ではあるが、ほんとうの「オレ」は「事実として執着せざるを得ない」という面を持っているのです。従ってそこが語られていない限りピンとひびかない。自己とは関係のない教祖の話でしかない。

キリスト教の説教でも同様です。たいていの牧師さんは「われわれは神の前にただ独り立つ。このとき私はいかに罪多き人間であることか。いかに罪悪に満ち満ちていることか。おお、神さま」といった調子で、ふるえ、おののき、神の前でもう立っておられないという身ぶりで説教する。ところが説教が終わったあとで信者の若い娘さんとたわむれているところをうっかり見てしまったことがあるけれど(笑い)、これではどうかと思わざるを得ない。いや、娘さんとそんなことをしてはいけないというのではない。ただ、神の前で私は罪人でありますと恐れ入っているのと同時に「しかも私はそれでもなお若い娘とたわむれざるを得ないのであります」とそこまでいってくれなくては(爆笑)、笑いごとではなく、こういう矛盾を含む私自身をどうするか、宗教というのはそれから先の話だと思う。

江戸時代には「籍らしむべし、知らしむべからず」という言葉があった。しかしこれらの時代は、そんなことでまるめこまれる人はまずいなくなる、といってはいいすぎですが、少なくともまるめこまれるような善男善女は減っていく。早い話が、田舎の善男善女が都会へ出てくればどうしても人間がすれてくる。あれこれと比べて批判するようになる。つまり悪男悪女が増えてくるわけだ。私自身がそうだったが、今後は私のような悪男悪女がいよいよ多くなると思う。

そういう悪男悪女が宗教家に望んでいるのは、単に「かくあるべき立て前の話」ではない。諸行は無常である、執着すれば苦しまねばならぬ、だから執着すべきでない、といったお説教ではない。そうではなく、自分のなにもかもさらけ出して、この自分全部をぶるけるような話。そういうところには初めて宗教の話があるということです。自分をさらけ出さない、中味のない、きれいごとを並べる話は、ほんとうは宗教の話になっていない。このことをまず第一番に、これからの宗教、宗教家に注文したいと思います。

| | | コメント (0)

2015年4月 9日 (木)

櫛谷宗則さん編集の『共に育つ』第15号が発行されました。

2015040923240000『共に育つ』は,内山興正老師のお弟子さんで,老師の著作の編集もされている櫛谷宗則さんが発行されている冊子です。この度,『共に育つ』第15号が発行されました(2015.04.08発行)。申し込みは,下記の住所におハガキで!折り返し,冊子と振替用紙が届きますので,冊子代500円と送料を振り込んで下さい。

〒959-1835 新潟県五泉市今泉1331
櫛谷宗則 宛

====================

共に育つ 第15号 —目次ー

音楽が語りかける …… 舘野 泉(2頁)
一つづきの世界の片すみで …… 辻 光文(14頁)
命懸けた恋の如く …… 中谷正覚(24頁)
自己の真実を追求する・書簡 …… 内山興正(30頁)
次の今 ……櫛谷みゆき(35頁)
義母からもらった宿題 …… 吉川訓子(41頁)
自画自賛 …… 村田和樹(47頁)
心の傷 …… 石本慈敬(62頁)
自分の根源にあるふたつの体験 …… 岡 庸子(73頁)
私自身を照らしてくれるもの …… 阿部洋夫(79頁)
本当に足りないもの …… 井出貴之(85頁)
いのちの吃音 …… 櫛谷宗則(92頁)

編集後記 …… (100頁)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《編集後記》

前号からの二年間、世の中はいろいろは動きを見せ、皆様にもいろいろなことがあったことと思います。こうして今日、無事にこの本を手に取っていただける、お互いの幸せを感じます。

いつの号も「今号は最高に充実した号になった」と実感しながら創っています。舘野先生、辻先生、和樹さんの文は、実際にお会いしたインタビューをまとめたもの。緑が丘の生まれ育ったご自宅で、老人ホームのベッドの上で、与呂見の雪に埋もれたお寺で、貴重なお時間をいただき、いずれも静かな感動をもってお聞きしたものです。それは他の方の文を読んでも感じるものです。それでまた私は、「今号は最高にいい号になった」と思ってしまいます。

内山老師のお手紙は、今後も載せたく思います。老師は人に話したり書くことによって、思索を深めておられました。単なる礼状でないお手紙をお持ちの方、どうぞご一報ください。また「共に育つ」にいままで載った老師の文が『いのちの問答』(大法輪閣)として昨年出版されています。

今回パソコンの調子が悪くなり、十方庵の児玉慎一さんから新品の中古ノートパソコンをいただき助けてもらいました−−感謝。このパソコンの寿命がくる頃には、「共に育つ」も終わるでしょう。

季節はそっと巡り、早春の静かな雨が降臨してきます。大地はうるおい、そこから新しいいのちが芽吹くことでしょう。いのちを頂いて生きていることは、いのちに頂かれて生きてあることです。「共に育つ」の一つの言葉が、知らないうちに心に沁みこみ、何処かの誰かの芽吹きを育む一滴になっていたら、こんなに嬉しいことはありません。

ご投稿を楽しみにお待ちしております。この方の話が聴きたいというご希望もどうぞ。それではまた二年後に、どうぞお元気で。
(櫛谷宗則)
====================

| | | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年5月 »