« 禅的集中。 | トップページ | 充実の方向性。 »

2015年5月20日 (水)

どう坐りつつあるか?

先日、腰割りを契機に街を歩いている時に得た気づき

“「歩く」と「歩む」は違う。
「どう歩くか?」と問うのではなくて「どう歩んでいるか?」と問うた方がいいみたい。
「どう歩んでいるか?」と問いが変わると、歩き方も変わる。”

こういう経験が利いているのだと思うけれど、
今日、坐禅をしていて、ふと…

坐り始めるまでの所作が、手順・作業になってない?

という思いがよぎった。

で、坐ったあと、道元禅師の『普勧坐禅儀』を開いてみる。


▼普勧坐禅儀原文▼
(読み下し文)
内山興正老師意訳
謂結跏趺坐先以右足安左*上,左足安右*上。
(謂く,結跏趺坐は先ず右の足を以て左のももの上に安じ,左の足を右のももの上に安ず。)
(*=月+(比+土))
〔結跏趺坐はまず右の足を左のもものうえにおき,左の足を右のもものうえにおく。〕
半跏趺坐但以左足壓右*矣。
(半跏趺坐は但左の足を以て右のももを圧(お)すなり。)
〔半跏趺坐は,ただ左の足を右のもものうえにおくだけである。〕
寛繋衣帯可令齊整。
(寛(ゆる)く衣帯(えたい)を繋(か)けて斉整(せいせい)ならしむべし。)
〔ゆったり着物をきて,さっぱりした姿であるようにする。〕
次右手安左足上,左掌安右掌上兩大拇指面相*矣。
(次に右の手を左の足の上に安じ,左の掌を右の掌の上に安じ,両の大拇指面(むか)いて相さそう。)
(*=てへん+主)
〔つぎに右の手を左の足のうえにおき,左の掌を右の掌のうえにおいて,その情報に両親指をつけて円相をつくる。〕
乃正身端坐不得左側右傾前躬後仰。
(乃ち正身端坐して,左に側(そばだ)ち右に傾き,前に躬(くぐま)り後ろに仰ぐことを得ざれ。)
〔つまり正身端坐をするわけで,左に傾いても右に傾いてもならないし,前にこごんでも後に仰いでもならぬ。〕
要令耳與肩對鼻與臍對。
(耳と肩と対し,鼻と臍と対せしめんことを要す。)
〔耳と肩を対せしめ,鼻と臍とを対せしめる。〕
舌掛上(月+咢)唇齒相着,目須常開。
(舌上の(月+咢)(あぎと)に掛けて,唇歯相着け,目は須べからく常に開くべし。)
〔舌を上あごにつえて,上下の唇と歯をしっかりつける。目は平常自然のまま開いていることである。〕
鼻息微通,身相既調欠氣一息,左右搖振兀兀坐定,
(鼻息微かに通じ,身相既に調えて,欠氣一息し,左右揺振して,兀兀として坐定して,)
〔呼吸は鼻でせよ。長息は長にまかせ,短息は短にまかせて,もっとも自然であり,自ら呼吸しているとも忘れているのがよい。坐禅の姿がととのったら,まずハァッと息をはき出して,左右に身体をゆすって坐を安定せしめてから,不動の姿勢となる。〕
思量箇不思量底。
(箇の不思量底を思量せよ。)
〔そうして思いの手放しである坐禅の姿勢(不思量底)を,ただ骨組と筋肉をもって生き生きとネラッテいる(思量する)ことが,正しい坐禅というものである。〕


気づくと、たとえば、「先ず右の足を以て左のももの上に安じ,左の足を右のももの上に安ず」を、「先ず右の足を左のももの上において、次に左の足を…」と手順的に受け取ってやっていた。
だから、この過程は坐禅の形をつくるためのただの作業になっちゃう。

そうじゃなくて、「まず右の足を左のもものうえにおき,左の足を右のもものうえにおく」という行為のなかに、「どう坐りつつあるか?」という問いかけがなければいけない。

これは一つ一つの段階(右の足を左のももにおいて、次に…)の確認じゃない。

「まず右の足を左のもものうえにおき,左の足を右のもものうえにおく」という行為は、「どう坐りつつあるか?」という問いかけに対しての応答を感じること。

そういう「どう坐りつつあるか?」という応答の過程の先に、「思量箇不思量底」という坐りが生じる。

というふうに、ここは読まないといけないのでは…?

などなど思ったりして…。

| |

« 禅的集中。 | トップページ | 充実の方向性。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。